韓国Lifeをお届けします


by chakota
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

7月21日 金曜日

『海を飛ぶ夢』

・・・と言う映画を知り合いから借りて観た。
これは実際のお話です。尊厳死について深く深く考えさせられる作品です。
26年前、事故で頚椎を損傷し四肢麻痺になってしまった男性が生きてきて
生かされてきて出した決断が尊厳死。

愛情ある家族に見守られて生きてきたけど26年間も死ぬ事だけを考えながら
生きてきたなんて私にはその時間が永遠のように感じます。

みんなでおなかの底から笑った事だってあったでしょ?
幸せに感じる瞬間だってあったでしょ?
って思ってみてもずっと死ぬことを考えて生きてきたって言われたらこんな
楽しかった時間も全て無いに等しく否定されてしまうことだよね?
その時間よりもはるかに生きる苦痛の方が大きく耐えがたかったって事か・・・

いつも思う。誰が正しいのか?何が正しいのか?

彼は自分の意思を貫き、そして幸せになった・・・

いろんな人がいるだけ生き方もさまざま。
だから選べる選択肢は沢山あったほうがいい。
でも26年間も考えが変わらなかった彼には未来も同じにみえたんだろうな・・・

海を飛ぶ夢
/ ポニーキャニオン
[PR]
by chakota | 2006-07-22 00:35 | 音楽・映画・本